身体の痛みの原因はシノビオリンかも?!

「体が痛くて夜も眠れない・・・」

その痛み、シノビオリンのせいかもしれません。

シノビオリンは、老化による「体の痛み・炎症」を引き起こす遺伝子。

関節を覆う滑膜に存在し、増殖すると「体の炎症・こわばり・リウマチ」が進行するといわれています。

老化による「体の痛み」は、これまでステロイドで押さえ込むケアがほとんどでした。

ところがステロイドは副作用が強く、肺炎や心不全を起こす危険性が・・・。

そこで登場したのが、シノビオリンにアプローチするケア。

現在、シノビオリン阻害剤の実用化に向けた研究が、急ピッチで進められているほどです。

そう聞いたら、すぐにシノビオリンをビシッと抑えて「痛み」とサヨナラしたいですよね。

でもつい腰が引けてしまう人も多いのでは?

「シノビオリンを抑えるケアかぁ・・・。試したいけど、大きい病院に行かなきゃ無理よね」

体の痛みに悩む人は、40代から急増。

仕事や育児に忙しく、病院通いが難しい人も多いです。

そんな人におすすめなのが、ジャパンベストヘルスの「アンチノビン」。

アンチノビンはカプセル状のサプリメント。

シノビオリンへの作用が望める成分を、厳選配合しています。

しかもこのアンチノビン、誰が監修したサプリメントだと思いますか?

何とシノビオリンの発見者・中島利博教授。

中島教授は日本リウマチ学会指導医で、「日本リウマチ学会・学会賞」受賞。

「体の痛み」に苦しむ人のため、ジャパンベストヘルスとタッグを組み「アンチノビン」を産み出したんです。

サプリメントってなかなか信用できませんが、アンチノビンだけは別。

痛みの原因「シノビオリン」を見つけた医師が作っているのですから、どう考えても信用できるサプリといえます。

「アンチノビンが信用できるのはわかったけど、どんな成分が配合されてるの?」

「副作用の心配はない?」

世紀の大発見「シノビオリン」に作用するアンチノビン。

いったいどんな成分が配合されているのか、見てみましょう。

●黄杞葉(こうきよう)

抗酸化作用が非常に高い植物成分。

老化による「体の炎症」をやわらげ、痛み緩和に導きます。

●ウコン

軟骨の保護や炎症抑制が期待できる成分。

主成分「クルクミン」は、ひざ関節の痛みを和らげるとされています。

●ヒハツ

昔から、痛み止めに用いられる漢方成分。

体ポカポカ効果が望めるため、「冷えによる痛み」にも活躍します。

栄養を吸収しやすい体に導く効果も望めます。

●マンゴージンジャー

メタボ対策に良いとされる成分。

肥満で痛みが増している人に、おすすめの成分です。

「シノビオリンを抑える」なんて聞くと「どんな強烈な化学成分が入ってるんだろう」と思いますよね。

でもアンチノビンに配合されているのは、植物成分ばかり。

昔から「老化」「関節の痛み」「肥満」に活躍した成分を黄金比で配合し、安全なサプリメントに仕上げているんです。

毎日の痛みを「ただの痛み止め」でごまかすのは、脳をだましてるだけ。

シノビオリンにアプローチし、「痛みのもと」「老化のもと」を取り去らないと解消できません。

ドクター・シノビオリン監修サプリ「アンチノビン」で、「朝までぐっすり」を実現させると良さそうですよ。

シノビオリン